靴下の洗い方は裏返して洗濯するのが正しい方法です。
こうすることで、「臭いニオイが減少」し、「色落ち」「穴あき」「毛玉」も予防できます。

ソックスの製品タグをよく見ると、「風合い維持のため、裏返しにして洗濯されることをお勧めします。」といった文面が記載されていることが多いです。

では、表ではなく、なぜ洗う時に靴下を裏に返す必要があるのでしょうか?
理由は表にすると、表面しか汚れが落ちないためです。表側のあぶら汚れ等は、家庭用の洗剤でも十分に落ちます。
しかし、裏面は足の角質や皮膚などタンパク質の汚れで、洗剤では落ちにくいのです。タンパク質が残ると菌が繁殖し、ニオイが臭くなってしまいます。裏側は人間の皮脂など、汚れが付着しやすいんですね。裏返すことで、洗濯機の中で、他の服や洗濯槽とこすれて、汚れが剥がれ落ちやすくなるのです。

ご参考に、靴下の繊維素材は表と裏で異なります。
表:天然繊維(綿・ウールなど風合いが良い。摩擦に弱く、痛みやすい。)
裏:化学繊維(ポリウレタン・ナイロンなど伸縮性が高い。摩擦に強く、強度が高い。)
だから、臭いに関してだけでなく、裏にして洗うことで、穴が開いたり、色落ちしたり、毛玉になるのを防げます。

女性のストッキングの場合も同じです。同じく、裏返しにしてネットに入れて洗濯機をまわしてくださいね!

合わせて、「柔軟剤・漂白剤の使用はお避けください。」といった文面もよく見かけます。製品ごとに記載されている推奨の洗い方は異なりますので、みなさん、靴下の製品タグをチェックしてみてくださいね!

「ジーンズの洗濯方法」の記事はこちら